ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?

  • HOME
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)とは?

リモート支援

ADHDとは【注意欠陥多動性障害】とも呼ばれ、「不注意」と「多動・衝動性」を主な特徴とする発達障害の概念のひとつです。注意散漫が強いケース、落ち着きの無さや衝動性が強いケース、両方とも強いケースとあり、学習面・生活面での困難さは比較的大きいです。

2012年におこなった文部科学省がおこなった調査では、通常学級の担任の先生が、学習面や行動面で著しい困難を持つと判断した子どもは、全体の6.5%で、平均して1クラスに2~3人いると報告されています。(出典:文部科学省「通常の学級に在籍する発達障がいの可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査結果」 2012年)

そのうちADHDの割合は3.1%と2番目に多い割合となっています。

【こんなお悩みはありませんか?】
・じっとしていられない。
・おしゃべりが止まらない。
・順番やルールを忘れてしまう。
・すぐにカッとなってしまう。
これらのお悩みがある場合、もしかするとこのADHDの傾向があるかもしれません。

【ADHDのお子様との向き合い方】
これらに対して、たくさん指摘したり、無理やり覚えさせようとしても、できるものではありません。ルールを思い出せるようにホワイトボードに書くなどしてすぐに思い出せるようにしたり、落ち着かなくなってしまう場合には、本人からの申し出があれば離席をOKしたり、手持無沙汰にならないようにしたりなど、お子様に合わせて対応方法を検討していきます。また周りの人から注意されやすい事から、自己肯定感(自信)が低下し、これらの特性が悪化するケースも多いです。ですので、お子様が少しでも善い行いができた場合や、ルールを守れた場合は、必ず褒めることをセットにすると、自己肯定感の向上につながります。

リモート支援

リモート支援